リ・コンディショニング相談

tune:tsunekawa, Re:re-conditioning,project

□functional training1
project3 functional training1

project3 functional training1

体幹のスタビリティー伏臥位

project3 functional training1

project3 functional training1

体幹の安定性は大丈夫?

project3 functional training1

project3 functional training1

1番と2番の選手の差は何か?

project3 functional training1

project3 functional training1

体幹のスタビリティー仰臥位

project3 functional training1

project3 functional training1

体幹のスタビリティー伏臥位(四つん這い)姿勢から上肢ー下肢を逆に対角線に挙げます。

project3 functional training1

project3 functional training1

体幹のスタビリティー側臥位

project3 functional training1

project3 functional training1

体幹のスタビリティー側臥位

project3 functional training1

project3 functional training1

体幹と上肢・下肢の連動性を高める運動

project3 functional training1

project3 functional training1

体幹と上肢・下肢の連動性を高める運動

project3 functional training1

project3 functional training1

体幹と上肢・下肢の連動性を高める運動

project3 functional training1

project3 functional training1

体幹と上肢の連動性・体幹と下肢の連動性のEx.

☞画像をクリックしてください。

□functional training2
project3  functional training2

project3 functional training2

1番の選手と3番以下の選手の差は何でしょうか?

project3  functional training2

project3 functional training2

アライメント(骨配列)日本人選手と外国人選手との差は何でしょうか?

project3  functional training2

project3 functional training2

体幹と下肢の連動性は如何でしょうか?

project3  functional training2

project3 functional training2

体幹と上肢を固定して,下肢の連動性を高めるエクササイズ。

project3  functional training2

project3 functional training2

体幹と上肢を固定して,下肢の連動性を高めるエクササイズ。

project3  functional training2

project3 functional training2

JPクッション上で行います。

project3  functional training2

project3 functional training2

斜めのカッティングも行います。

project3  functional training2

project3 functional training2

競技特性を生かしたエクササイズ。 写真は右ひざMCL損傷の選手。athletic rehabilitationの1例です。

project3  functional training2

project3 functional training2

project3  functional training2

project3 functional training2

写真は左MCL損傷,左足関節捻挫のathletic rehabilitationの1例です。

project3  functional training2

project3 functional training2

project3  functional training2

project3 functional training2

project3  functional training2

project3 functional training2

☞画像をクリックしてください。

「足」に関する全ての事象をマネジメントするのが,足病学の理念です。
臨床の現場や,スポーツの現場では,疾患と足の関連性を考慮し,全体的な視線で身体状況の改善を図ることが肝要と考えます。tune“Re”project1&3は足病予防法,足病対処法,DFA対処法のほん例です。更なる詳細や足病に関するご相談については,こちらへお問い合わせ下さい。

Tel : 0564-83-6643

Fax: 0564-83-7243

  Eメール

 tsunekawahideki@me.com

  • facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

その他

  ※当ホームページ上に公開してある画像,表,グラフ等流用される場合は,事前に承認をお取り付け下さい。

連絡先:愛知県岡崎市大西町字奥長入4番地4